connect hero
グッドシンクコネクト

この独自のファイル転送プロトコルにより、サーバ、NAS、モバイルを含むすべての機器で、高速で安全なP2Pデータ転送が利用可能となります。

グッドシンクコネクトの利点

Increased Upload and Download Speed

高速アップロード/ダウンロード

ほとんどのクラウドベースのサービスでは転送速度が調整されるので、大きなファイル、大量のファイルを扱うと処理に長い時間がかかります。グッドシンクコネクトでは転送速度は純粋に接続自体の速度にのみ依存し、中間のサーバなどによる制限はありません。

プライベートクラウド

グッドシンクコネクトにより第三者が管理する一般のクラウドベースのサービスではなく、既存のインフラストラクチャー上にあなた独自のプライベートクラウドを構築することができます。例えば自宅のパソコンやNASをプライベートクラウドにして、どこからでも、どの機器からでもデータにアクセスすることが可能となります。

Unlimited Sync and Storage and no Additional Expense
Faster Synchronization of Large Files

ブロックレベルデータ転送

多くのバックアップ/同期ソフトでは、ファイルに変更が加えられると、そのファイル全体をアップロード/ダウンロードします。グッドシンクコネクトにおいてはファイルの中で実際に変更が加えられたブロックを特定し、そのブロックのみを転送します。これによりバックアップ時間、ネットワーク帯域、必要ストレージ容量が大幅に削減されます。

切断からの素早い復旧

接続がなんらかの理由で切断され再接続された場合、グッドシンクコネクトは継ぎ目なく、しかも素早く転送を復旧します。これによりバックアップ時間、ネットワーク帯域が大幅に削減されます。

Resumable Upload and Download
Encryption in Transfer

終端間の暗号化

グッドシンクコネクトでは転送時および非転送時にもAES-256ビットの暗号化を施しており、高度な安全性を確保しています。またセキュアモードを選んでコンピュータ間の通信路もSSLで暗号化します。

クロスプラットフォーム

グッドシンクコネクトはOSに依存することなく、すべての機器を接続することができます。Windows, MAC, iOS, Android, NAS などすべてが相互接続可能で、どの機器からも、どの機器へもアクセスが可能となります。

Platform independent and interoperable

グッドシンクコネクトを使う

まずグッドシンクコネクトのアカウントを作成し、そのアカウントを各機器に登録、これで直接接続が可能となります。

ステップ毎の手順
Connect Works

その他の機能と利点

  • グローバルディスカバリー: メディエーターサーバによりグッドシンクサーバのリスティングが可能
  • ローカルディスカバリー: メディエーターサーバ無しにグッドシンクサーバを特定
  • フォワーダー: フォワーダーを使ってグッドシンクサーバにアクセス
  • 冪等性: 複数回同じ操作の要求があっても1度だけ処理を行う
  • MD5チェックサムをサーバ側で計算してクライアントに送信
  • セキュリティ属性(ACL)やその他の属性をファイルコピー
  • プロキシ対応: グッドシンククライアントはプロキシサーバを経由しても接続可能
  • 高い安全性: ダイジェスト認証を使用